ニュース一覧

医師

進化するがんの治療

急ピッチで抗がん剤の開発が進んでいますが、それに合わせて副作用対策も進んでいます。脱毛や食欲不振は、深刻なケースになることがあります。様々なことを想定して、治療に臨むことが必要不可欠ではないでしょうか。

診察

信頼出来る医療機関

日本国内の糖尿病患者は増え続けていて、対策が急がれています。改善の方法は幾つかありますが、基本となるのがライフスタイルの見直しです。間食をせずに、運動を心がけてみて下さい。長期的な視野に立って、良くなることを目指して下さい。

医師

がんの治療とは

完治を目指す上で避けては通れないのが、抗がん剤の副作用です。予防の方法はたくさんありますし、疑問や質問は遠慮なくスタッフにぶつけて下さい。昔に比べると副作用は軽減されていますし、安心して治療に臨んでみて下さい。

救急車

薬の特徴を知る事が大切

糖尿病の治療で使う薬の特徴をきちんと知る事で、安心して薬を飲み続ける事ができますし、体質改善のための食生活見直しも必要です。腸内環境を改善させることをテーマに、食材一つ一つにこだわり、食べる順番をきちんと決める事をおすすめします。

診察

がんとその治療方法

抗がん剤治療を行う際に懸念されるのはその副作用です。抗がん剤はその性質上どうしても副作用を抑えることが難しく、効果と副作用のバランスを見て薬の量を調節する必要があります。そのため他の治療方法と併用していくとより効果的だといえます。

治療費用を知る

聴診器

治療内容による異なる費用

血糖値が高い状態が続く糖尿病は生活習慣病の中でも代表的な存在となっていますが、悪化すると様々な合併症が出る可能性もありますので初期のうちから治療はしっかりと行っておきたいところです。糖尿病の改善のための治療では、まず初期の場合は投薬を行わず食事や運動での改善を目指していくこととなります。この場合は診察費や検査費などは必要ですが、薬は必要としませんので、治療費は比較的安く抑えることができます。食事や運動などで努力を続けていても改善が難しい場合は投薬での治療が行われることとなり、その分、多くの費用が発生することとなります。飲む薬の量や種類によっても費用は変わってきますので、よく確認しておきましょう。経口投薬で改善できる場合はそのまま治療を続けていくこととなりますが、糖尿病が悪化している場合はそれだけでは改善が難しいということも少なくありません。経口投薬での治療だけでは血糖値が安定しない場合はインスリン療法も必要となりますので、さらに治療に多くの費用が必要とばります。糖尿病の治療は基本的に自宅中心に行われますが、症状によっては入院での治療が選ばれることもあります。入院にも大きく分けて二つのタイプがあり、正しい食事や運動療法を学ぶための入院と症状が悪化し、合併症治療を行うための治療目的の入院があります。この場合はより多くの治療費が必要となってきますが、入院期間や治療内容により金額も変わってきますので、入院前にはよく確認しておきたいところです。