ニュース一覧

がんの治療とは

医師

変化するがんの治療

かつては不治の病と恐れられていたがんですが、現在は治る可能性のあるがんが増えています。根底としてあるのが早期の発見と治療ですが、最大の要因は抗がん剤の進歩ではないでしょうか。各製薬会社が凌ぎを削っていることで、よく効く抗がん剤の開発が進められています。特に著しく進化を遂げているのが、白血病や悪性リンパ腫に代表される血液のがんです。治療の成果が上がっていて、進行した状態であっても完治が期待出来るほどです。しかし、避けては通れないのが副作用ではないでしょうか。抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞をも攻撃対象にしてしまいます。そのため強い副作用を訴えるケースもありますし、注意深く見守る必要があります。主な副作用としては、嘔吐下痢と脱毛があります。近年は制吐剤が進化をしていますが、こまめに食事を摂るなど工夫が必要ではないでしょうか。脱毛対策としては、かつらやウィッグの着用が挙げられます。病院によってはレンタル制度を設けていますし、看護師や事務スタッフに相談してみると良いでしょう。貧血もありますが、赤血球や血小板の輸血で対応することになります。抗がん剤治療が終われば大部分の副作用は治まりますが、免疫力の低い状態がしばらく続きます。感染し易くなっているので、うがいや手洗いを励行して下さい。また、外出時のキャップとマスクも重要です。厳しい治療にはなりますが、なるべく平常心を保つことも大切です。