ニュース一覧

がんとその治療方法

診察

効果的に治療

がんは死亡原因ワースト一位で知られている程、今や誰もがかかる可能性のある病だと言えます。そんながんの治療方法で一番有名なのは、抗がん剤治療です。しかし抗がん剤で治療をしていこうと思った際に一番懸念されることはやはり抗がん剤の副作用です。そもそもがんとは何なのかというと、細胞が増えすぎることが原因で起こる病気であると言えます。人の体は髪の毛や皮膚、心臓まで全て細胞で出来ており、本来体の細胞は体や周囲の状態で増殖したりやめたりを判断します。またその一方で、ふえた細胞が脱落することで細胞の代謝が促進し、常に新しい細胞で体が作られるようになっています。そのような細胞のサイクルがある中、細胞の増殖が止まらなくなる病気が、がんだといえます。そのため、抗がん剤はそんな細胞の代謝を抑える、つまり細胞の増殖を減らすようにできた薬です。よって抗がん剤の過剰の摂取は当然大きな副作用を起こします。というのも、どの細胞が作られすぎているものなのか、つまりどこががんなのかを抗がん剤には判断することが出来ないので、本来は正常に作られなければならない細胞まで増殖を抑えられてしまいます。抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けてしまったりするのはこれが原因だと言えます。そのため、薬に頼った治療だけでは副作用に悩まされることも多くなってしまい、かといって薬の量が少ないとがんの進行具合(ステージ)によってはあまり大きな効果が期待できません。だから、がんの治療を行うさいには、放射線治療やホルモン療法など、他の治療方法と併用すると効果が得られやすいと言えるでしょう。